大きいガラス破片を掃除機で吸い取ると、掃除機の故障に繋がるので掃き掃除をしましょう。

ガラス破損時の対処法

 

ガラスが割れてしまった住宅

 

ガラスは割れてしまうと、刃物のように鋭利になった破片が飛散します。

 

ガラスが割れた時は、正しい対処法を取らないと切り傷を作って怪我をしたり、生活に多大な二次損害をもたらす場合があります。

 

ガラスが割れた時の対処法をまとめました。

 

断熱・防音・防犯など…暮らしを豊かにしてくれるガラスの機能性とは?

 

 

割れたガラスの処理方法

ガラスが割れた時は、飛散した破片で怪我をしないように、まずは割れたガラス破片の処理を行います。

 

基本的には大きい断片を含めて一切素手は使わないようにします。

できれば軍手やスリッパを装着して防御を固めるとよいです。

 

まずは、ホウキとチリトリで割れたガラスを集めていきます。

 

グラスを落としただけでも想像以上に広範囲で破片が飛び散っている場合もあります。
部屋の隅までしっかり掃き掃除を行いましょう。

 

掃き掃除が終わったら続いて掃除機をかけます。

 

ガラス破片は目視で確認できないくらい小さい物もあるので、

  • 大きい破片は掃き掃除
  • 小さい破片は掃除機

と覚えておきましょう。

 

ガラスが割れたらいきなり掃除機をかけようとする方もいますが、大きい破片を掃除機で吸いすぎると故障につながる事もあるので注意しましょう。

 

 

 

窓ガラスが割れた時

窓ガラスは雨風を家の中に入れないようにする生活に必要不可欠な物です。
もし割れてしまった時は迅速に正しい対処を取りましょう。

 

 

まずはすぐに業者に連絡をする

 

住居は窓ガラスが割れた状態のまま長期間生活し続ける事はできません。

 

お金がないからといってガラスを割れたままにしておくと、水気が室内や壁の中に入って家そのものを腐らせてしまいます。

 

そうなってしまうと損害はさらに拡大するので、すぐに修理の手配をしましょう。

 

業者がすぐに来てくれて、それまでの間に雨が降らない見込みであれば、全て業者に任せても問題ありません

 

 

 

応急処置

 

業者がすぐに来ない場合や、穴が空いた時応急処置をしておくとよいでしょう。

 

小さい穴やヒビ程度であれば、ガムテープで保護しておくだけで充分な応急処置になります。

 

もし大きい穴があいて、窓全体に鋭利なガラスの切れ端が多数出来てしまった場合は、一度ハンマーなどでガラスを全て割り落とす事も必要です。

 

必ず軍手やスリッパ、ハンマーや棒などを使い、怪我をしない体制を整えてから作業しましょう。

 

ガラスを綺麗に割り落としたら、床を掃き掃除、掃除機の順で綺麗にしてブルーシートやダンボールで一時的に割れた窓の代用品を設置するとよいでしょう。

 

 

火災保険で修理できないか確認してみる

ガラス修理に火災保険が適用されるか確認する主婦

 

強風による飛来物イタズラなどの理由で窓ガラスが割れた場合は、家の火災保険の加入条件によっては保険がおりる場合があります

 

保険証券を確認するか、保険会社に問い合わせをして、ガラス修理に保険を利用できないか確認しておきましょう。