ガラス製品のメーカーに就職すれば、ガラス製品の製造に関わりことができます。

ガラス関連の仕事について

 

ガラスに関連した職業をまとめました。

 

 

ガラス工芸職人

 

ガラスの仕事と聞いて真っ先に思い浮かべる方が多いでしょう。
雑貨や食器などを昔ながらの伝統製法で作ります。

 

機械生産よりコストが大幅に高いので、お土産用品の生産をしている所やガラス工芸体験教室を併設している所が多いです。

 

本当にガラス工芸品の製作一本で食べていける人はごくわずかで、ガラス教室の講師を行わないと本業として食べていくのは困難な仕事だと言われています。

 

 

ガラスメーカー(工場)

 

世間で流通しているガラスの大半は大規模な工場でライン生産されています。

 

ガラス製品のメーカーに就職すればガラスと密接に仕事で関わる事ができます。
ガラスメーカーも大手は一流大学を出ないと入れない所が多いです。

 

工場の作業員であれば求人もそれなりに出ています。

 

工場はほとんど機械が作業を行うので、検収など人の目や手作業で行う部分や運搬関連の仕事が多いです。

 

 

ガラスの交換、修理業者

 

昔は個人事業主が小規模で軽自動車に専用機材を積んで細々と行っていた所が多いですが、最近は組織化した中堅企業が増えています。

 

ガラスの破損修理や交換、リフォームなどを行います。
商品を傷つけないように取り付ける技術力や、商品を提案する営業力が求められます。

 

 

車のガラス専門店

 

自動車は飛び石によるガラスの破損被害が多く、多数の自動車ガラス専門業者があります。

 

車のガラス修理業者の男性

主に車のガラス交換を行いますが、車のガラスはガッチリ固定されているので、破損したガラスを綺麗に取り外すための技術力が必要です。

 

また交換以外にも、軽度なひび割れのガラスリペアや、ガラスフィルム(スモークフィルムなど)の施工も行います

 

ある程度はセンスも求められる仕事です。

 

ガラス修理は専門性が高く、ディーラーや車検センターも自社でガラス交換できるスタッフはいないので、こうした車の修理工場からの外注が仕事の大半です。

 

車に利用されるガラスの種類についてはこちらのページ

 

 

リフォーム業者

 

近年では高機能ガラスが増えた事でリフォームでガラスを見直す方が増えています。

 

リフォーム業者は主にガラスのカタログ提案が中心で、交換作業は専門業者に外注する事が多いです。

 

大きいリフォーム業者ではショールームに最新の機能ガラスを複数用意して、現物を見せながら提案できる場合もあります。

 

ただし、リフォーム業の中でガラスリフォームはごく一部で、水回りを中心にしたリフォーム知識や提案力の方が高く求められます。