フロントガラスは、99%近い紫外線をカットできると言われている合わせガラスを使用しています。

車に使われるガラス

 

車に使用されているガラス

 

車には窓ガラスが全方向に付いていて、ガラスは視認性を得るための車の生命線とも言える存在です。

 

スピードを出す車だからこそ高い安全性を求められますし、車内は狭い密室空間になるので紫外線カットなどの断熱性など、機能面も重要です。

 

ここでは車に使用されているガラスについて紹介します。

 

 

フロントガラスの種類

フロントガラスは雨風をはじくため湾曲した形状で、さらに強度と飛散防止のため、必ず合わせガラスが使用されています。

 

フロントガラスは最も飛び石被害を受けやすい箇所で、様々な種類の商品があります。

 

なお、近年の乗用車は紫外線カットガラスが主流ですが、フロントガラスは特殊な構造のため、紫外線カット素材が入っていない事が多いです。

 

ただし、合わせガラスの特性で99%近い紫外線をカットできると言われています。

 

 

メーカー純正ガラス

 

新車時についているガラスです。
機能性は平凡ですが、国内の工場で高品質に作られているので安心感が高いです。

 

ガラスにはメーカーのロゴが入っていて、分かる人から見れば純正ガラスと見分ける事ができます。純正ガラスが付いていないと、売却査定時に事故歴を疑われる場合もあります。

 

 

クールベールガラス

 

エコガラスとも呼ばれていて、熱断熱効果が高いガラスです。
旭硝子をはじめ、国内大手メーカーから販売されています。

 

メーカー純正ガラスよりも安く、機能性や耐久性も高いため、ガラス交換の機会にクールベールガラスへ変える方が多いです。

 

 

海外製ガラス/リサイクルガラス

 

飛び石被害など、フロントガラスが破損したけど車両保険に加入していない場合は修理代が大きな負担になります。

 

そんな方によく提案されるのが海外製やリサイクル品など、価格を売りにしたガラスです。

 

見た目は純正とほとんど変わりませんが、価格がメーカー純正ガラスの半額以下になります。

 

ガラスのプロは品質の違いを見抜ける場合もありますが、素人であればメーカー純正ガラスと比べてもなにも変化を感じずに運転できます。

 

 

国内優良ガラス

 

国内の大手メーカーが出している社外製ガラスです。
クールベールガラスも国内優良ガラスの一種です。
ガラス交換が自費修理だけど、海外製やリサイクル品に不安がある方にオススメです。

 

 

 

フロントガラス以外の窓ガラスは強化ガラスを使用

車の窓ガラスは軽度な衝撃を受けやすいので、簡単に割れてしまうと困ります。
しかし、事故時にドアが開かなくなった時はガラスを割って脱出しなくてはなりません。

 

そのため、フロントガラス以外サイド、リアガラスは全て強化ガラスが利用されています
強度は高いですが、専用のハンマーで割ると一気に粉々に砕け散ります。

 

運転席・助手席のドアガラスは道路交通法で透明でないといけないと義務付けられています。

 

後部座席のドアガラスやリアガラスは色付きガラスやフィルムを貼る事が可能で、断熱効果や外から見えづらくする効果がある黒みがかったプライバシーガラスが標準装備される車種が増えてます。

 

リアガラスは車種によっては熱線が入っていて、冬の凍結時にはガラスを溶かす機能が付いています。