防犯ガラスは割ろうとしてヒビが入っても、簡単に穴が空かないので防犯効果に優れています。

窓ガラスに使われるガラス

 

窓ガラスのある家

 

窓ガラスには様々な種類があり、近年では付加価値が付いた機能性ガラスが多数登場しています。家のリフォームや注文住宅を建てる時はガラスにこだわってみてはいかがでしょうか?

 

 

窓ガラスの種類

フロートガラス

 

単層透明板ガラス単式ガラス透明ガラスとも呼ばれています。
最もポピュラーな1枚物の平板ガラスです。

 

フロート製法で作られていて、多くの窓ガラスに使用されています。
厚みの違いはありますが、透明で特別な機能もない平凡なガラスです。
安くて厚さの種類や大きさが豊富なのが特徴です。

 

 

網入りガラス

 

ガラスの中にワイヤーの網が入っているガラスです。
強度が高く、割れても飛び散りにくく火災にも強いです。
飲食店やガソリンスタンドでは網入りガラスを使用する事を消防法で指定されてます。

 

 

強化ガラス

 

見た目はフロートガラスと全く同じですが、製造過程でフロートガラスより強い熱を入れて急速に冷やす事で強度を上げています

 

耐風圧では一般的なフロートガラスの3~4倍の強度を持ちます。
ただし、割れると分子が細かい分一気に粉々になる特性があります。

 

 

耐熱ガラス

 

耐熱ガラスは熱膨張率を下げて急激な温度の変化でも割れたり溶けにくくしたガラスです。
家の窓ではお風呂場やキッチンに使用される事が多いです。

 

 

 

デザインガラス

わざとガラスに色や模様を入れておしゃれなインテリアを演出するためのガラスです。
デザインガラスには以下の種類があります。

 

  • フロストガラス
  • セラミックプリントガラス
  • ヨーロピアンガラス
  • ニューステンドガラス
  • 和風ガラス
  • ブラインドガラス

…etc

 

デザインガラスはここで紹介している以外にも豊富な種類があり、製造元によって同じような製法やデザイン性でも名称が異なる場合もあります。

 

 

 

合わせガラス

合わせガラスは、複数枚のガラスを特殊なフィルムでくっつけて1枚のガラスにしたものです。
強度を高めたり、割れた時の飛散防止効果があります。
合わせガラスは、次の機能ガラスにも応用されています。

 

 

防犯ガラス

 

割ろうとしても、ヒビは入っても簡単に穴が空かないので防犯効果に優れています

 

 

防音ガラス

 

ガラスは雨風空気は通さないですが、音を通しやすいデメリットがあります。
その常識を覆したのが防音ガラスです。

 

2枚以上のガラスで特殊中間膜を挟みこんで作る事で高い防音効果を生み出します。

 

2重サッシにするよりも効果が高いですが、ガラスの厚みがあるので通常のフロートガラスから交換するときはサッシ交換も必要になる場合があります

 

 

複層ガラス

 

代表的なものではペアガラス真空ガラスなどがあります。

 

スペーサーと呼ばれる金属部材で、2枚のガラスの間に中空層を持たせる事で高い断熱効果を誇り、室内の快適温度を維持できるエコガラスです。

 

通常の複層ガラスは厚みがあるのでサッシ交換が必要な場合がありますが、一部で通常のフロートガラス用サッシにも付けられるスリムタイプも販売されています。